近圧協について

  • HOME
  • >
  • 近圧協について
  • はじめに


近畿生コンクリート圧送協同組合について

近畿生コンクリート圧送協同組合(略称:近圧協)は、生コンクリート圧送事業者が集まり設立した協同組合で、設立から30年が経ちます。組合員の相互扶助の精神に基づき、共同事業を行い、組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、社会的・経済的地位の向上を図ることを目的に運営しております。
近畿2府3県の112社からなる近圧協には登録コンクリート圧送基幹技能者163名が在籍し、コンクリートポンプ車登録台数677台(令和2年2月現在)を保有するまでに成長を続けています。これからも安全施工と生コンクリート圧送の技術向上に努めてまいります。

コンクリート圧送業は、コンクリート運搬車によって生コン工場から建設現場に搬入された生コンクリートを、コンクリートポンプ車を使用して、油圧により所定の型枠内に生コンクリートを圧送し、打ち込む建設専門工事業です。

近年、高強度や高流動コンクリートなどの特殊コンクリートの圧送や、高所、長距離圧送などの難しい圧送工事が多くなっております。コンクリート圧送工はこれら多様な現場において、生コンクリートを設計値どおりに打ち込む高度な技術と知識が必要です。このため、登録コンクリート圧送基幹技能者や一級コンクリート圧送施工技能者といったコンクリート圧送に関する各種専門資格を有する者、教育を受講した者がコンクリート圧送業に携わっております。

  • 主な事業


1.組合員の行う生コンクリート圧送工事の共同受注及び受注の斡旋
2.組合員の取扱う消耗品の購入斡旋
3.組合員のためにする損害保険代理店業務
4.組合員に対する事業資金の貸付け及び組合員のためにするその借入れ
5.組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
6.組合員の福利厚生に関する事業
7.前各号の事業に附帯する事業

  • 組合概要


名称
近畿生コンクリート圧送協同組合
代表理事
共田 昌一
住所
〒550-0005 大阪市西区西本町2-3-6 山岡ビル11FGoogle map
電話番号
06-4393-8868
FAX
06-4393-8895
法人設立の年月日
1988(昭和63)年5月17日
出資金
1475万円
建設業許可番号
大阪府知事 許可(般-29)第118773号
組合員数
112社(正会員 75社、賛助会員 37社)
組合員職員数
約1000名 (2019年11月現在)
登録コンクリート圧送基幹技能者 163名
一級コンクリート圧送施工技能士 551名
二級コンクリート圧送施工技能士 119名
コンクリートポンプ車登録台数
ブーム車 646台、配管車 31台
加盟団体
一般社団法人全国コンクリート圧送事業団体連合会
大阪府中小企業団体中央会
一般社団法人建設産業専門団体近畿地区連合会
一般社団法人大阪府建団連
一般社団法人日本建築学会
公益社団法人日本コンクリート工学会
  • 事業エリア


大阪府・兵庫県・奈良県・京都府・滋賀県の
近畿2府3県のコンクリート圧送企業によって
構成されています。

正会員
賛助会員
① 大阪府
27社
9社
② 兵庫県
20社
11社
③ 京都府
19社
7社
④ 滋賀県
2社
8社
⑤ 奈良県
7社
2社
  • 沿  革


令和2年5月1日現在

昭和46年
大阪コンクリート圧送協会設立
大阪市西区土佐堀に事務所設立
昭和49年2月
大阪コンクリート圧送協同組合設立
任意団体全日本コンクリート圧送事業団体連合会発足に参加
昭和52年
全圧連統一安全・技術講習会開設 全員受講(以降、毎年開催)
昭和57年
大阪生コンクリート圧送協同組合に名称変更
大阪市西区本町に事務所移転
共同受注・共同配車の4ブロック運営体制による事業開始
昭和63年5月
大阪圧送協同組合と大阪躯体コンクリート圧送協同組合の2つの圧送事業団体が結集し、
大阪生コンクリート圧送協同組合を法人設立登記
大阪市港区市岡に事務所開設
社団法人全国コンクリート圧送事業団体連合会(以下、「全圧連」)の設立に伴い加盟
平成7年11月
近畿地区コンクリートポンプ車標準圧送料金表 作成
圧送工事一式方式から積算方式に変更(以降積算方式をベースに改定)
平成11年
全圧連 コンクリートポンプ圧送マニュアル発刊
平成12年 9月
大圧協適マーク実施「品質管理と安全施工に必要な資格」
平成13年
安全施工・安定供給・技能技術の向上を目的に、共同受注システムに着手
大圧協新聞創刊(以降、随時創刊)
平成14年 6月
建設業許可取得 とび・土工工事業 大阪府知事一般-14第118773号
平成14年 9月
第1回コンクリート圧送勉強会開催 大阪府土木部事業管理室主催
(以降 行政との勉強会開催を随時実施)
大阪府計18回 大阪市計2回
奈良県計12回 奈良市計3回
兵庫県計4回  神戸市計3回、尼崎市計2回、姫路市計1回
滋賀県計3回
平成14年11月
新ステッカー貼付【技術と安全の証】
大阪市港区弁天に事務所移転
平成15年10月
共同受注事業・配車取引システムの開始
平成16年 7月
第1回圧送技術研究会開催(以降毎年開催)
平成17年11月
大圧協コンクリートポンプ全車への超音波探傷検査の実施・輸送管肉厚測定用の超音波
厚さ計を配布・全車装備
全圧連圧送基幹技能者制度発足と大圧協技能者養成
平成18年 9月
ポンプ圧送性評価ソフトの開発(日本建築学会近畿支部 監修)
平成18年12月
軽油の共同購入開始
平成19年 6月
第1回安全大会(以降毎年開催)
平成19年11月
近畿生コンクリート圧送協同組合(奈良、兵庫地域が大阪に加わったため名称変更)
平成20年 1月
近畿生コンクリート圧送協同組合が管轄官庁(国土交通省近畿地方整備局)より認可
平成20年 4月
兵庫・奈良地区共同受注事業実施
平成21年 6月
大阪市東淀川区淡路に事務所移転
平成26年 4月
京都地区共同受注事業実施
平成27年 4月
滋賀地区共同受注事業実施
平成31年 3月
大阪市西区に事務所移転